教育制度
-CARRIER UP-
da-school
よくあるご質問
-FAQ-
よくあるご質問
DA PHOTO
-PHOTO-
DA PHOTO
  1. トップページ
  2. 採用活動
  3. 仕事紹介

仕事紹介

井上さん

入社動機
私が就職活動をしていた年代は、いわゆる「就職氷河期」という時代で、就職することすらなかなか難しい状況でした。そんな中でのダイヤアクセスとの出会いは本当にありがたい出来事でした。iモード携帯が発売されて間もないこの頃、これから成長が間違いなく見込める業界だと私は確信し興味を持ちました。また、選考の際にお聞きした企業理念の冒頭にある「顧客第一主義」という言葉が、当時企業というのは利益を追求するのが第一だと思っていた私の心に響き、驚きを感じました。今後成長が見込める業界で、理念に共感して仕事ができるならチャレンジしてみようとダイヤアクセスへの入社を決めました。
入社~現在までのお仕事とやりがいを感じること
入社後すぐに管理部の経理担当として業務を行いました。何をするにも全く初めての経験でしたので、とにかくがむしゃらに先輩から教えていただくことに一生懸命取り組みました。2年目からは、早速実績集計の全般を任せていただけるようになり仕事の幅が徐々に広がっていきました。そして入社7年目に経理部門のリーダーに就任し、部門管理やメンバーの育成にも携わるようになりました。またこの頃、社内プロジェクトのチームメンバーにも選ばれ、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証取得にも貢献することができました。その後は、社内業務だけでなく、銀行との折衝なども行うようになり、今まで見えていなかった会社経営というものが少しずつ見えてくるようになりました。現在、経理部門のリーダーとして仕事を任せていただいておりますが、一般社員という立場にいながら経営に深く参画できるポジションであると考えています。経営者や各部門長と一緒に会社経営・部門経営を考えることが出来る現在の役割を誇りに思うとともに、その責任の大きさも感じながら、日々仕事に取り組んでいます。
お仕事をする上でのモットーと今後の夢
経理部門の仕事は、当然ですが会社のお金に関わる重要なセクションです。そのため正確な仕事をするのは当たり前だと考えています。その上で、私は「スピード感」というものを大切にしています。有効なデータやマーケティング結果であっても、必要な時にその情報が存在しなければ意味がありません。なぜなら、データの提出が遅れたりマーケティングを見誤ったりすることで、会社全体の経営戦略に支障を来たすこともあるからです。「正確さかつスピード」をモットーに仕事に取り組むことで、経営者・各部門長に我々が行った仕事に間違いがないと思っていただくことができ、そこに信用・信頼が生まれるのだと考えます。将来的には、経理部門が「社内経営コンサルタント」という役割を果たせるようになりたいと思います。会計の視点から会社経営のコンサルティングを実施し、経営指標を用いて自社の分析、マーケティング調査などを行い、より良い会社作りに貢献していきたいと考えています。
1日のスケジュール

井上さんスケジュール

このページのトップへ