教育制度
-CARRIER UP-
da-school
よくあるご質問
-FAQ-
よくあるご質問
DA PHOTO
-PHOTO-
DA PHOTO
  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 仕事紹介

仕事紹介

矢野さん

入社から現在までの仕事
2000年に入社をしてから、様々な業務に携わってきました。入社後すぐにドコモショップに配属になり、そこで副店長、店長を経験し、その後法人営業を経験、その際はエリア長を任せていただきました。大きな転機は人事部への異動でした。店舗や営業での経験しかない中で、人事という新しい仕事は、私にとって難しくもありましたが、興味を持って取り組める仕事でした。その経験は、ドコモショップを統括する第1営業部の部長となった現在、人財育成の面で非常に役立っています。部長としての仕事内容は、基本的に店長時代の内容と変わりはありませんが、自分自身が全てを行うのではなく、自分が考えたことを各店舗の店長に実践してもらうということが大きな違いとなります。これは本当に難易度の高い仕事だと感じますが、その分やりがいを持って取り組んでいます。店長時代とは違い、自分自身の仕事のキャパの広がりも実感しつつ、現在の仕事を楽しんでいます。
お仕事をする上で大切にしていること
私の仕事をする上でのモットーは、「仕事は楽しく」ということです。現在の仕事は各店舗の業績を上げること、そのためには地域ごとのお客様の特色を知り、販売戦略を立てていくことが重要です。各店舗から集約したデータを元にマーケティングを行ったり、設定した目標に対してどのような人員で、どのようにお客様に対応していくか等々、非常に難しいことですが、それだけやりがいもあります。また、ドコモショップの運営に関しては、キャリアからの要望も多々あります。実際に販売戦略や顧客対応に関しても様々な改善点を要求されます。その時には要求されたことをただ改善するだけではなくて、それ以上の改善でダイヤアクセスのオリジナリティーを持ってお客様に対応しています。これができた時、店舗やそこで働くメンバーの成長を感じられるからです。また、仕事を楽しくするためには働く環境が重要だとも考えます。それは、制度やマニュアルや便利なシステムだけでなく、そこで働く人が最も重要な環境の一つだということです。
ダイヤアクセスという会社を一言で言うと?
一言で言うのは非常に難しいですね。「人を大切にする会社」「家庭的な会社」という表現もできますが、それがズバリの表現かというと少し違う気がします。なぜなら、人を大切にするという大切さにも捉え方が色々あるからです。そういう意味では、「大切にする=甘やかす」ということではなく、「厳しくする」という表現の方が近い感じがします。しかもその厳しさの中には、常に愛情があります。ダイヤアクセスには社員が進むべき方向を一つにできる企業理念があります。しかし、社員はその方向を敷かれたレールのように考えるのではなく、常に自分たちで考え、声を上げながら進んでいます。そういった意味では、「ビジネスを通じて成長しようとするプロ集団」という言葉が合うのかもしれません。
1日のスケジュール

矢野さんスケジュール

小西さん

入社動機と現在の仕事
学生時代のアルバイト経験から将来的には提案型の販売接客業に就きたいと考えていました。就職活動中にダイヤアクセスという会社を知り、会社説明会で直感的に「社員を大切にする」という理念に共感しました。面接を重ねるごとに、その理念を社員の方々が体現させていることを感じ、入社を決めました。現在、ドコモショップの店長という仕事を任せていただいていますが、店舗ではただお客様を待つという形ではなく、積極的にお客様とコミュニケーションをとる提案型の販売接客という形を実践しています。販売接客業とは、人が中心になります。ですから、日頃から責任ややりがいを持ってスタッフが仕事に取り組んでくれるように一人ひとりへの声がけを欠かしません。社員が毎日お店に出勤してくるのが楽しみな雰囲気を作り出すことが私の仕事だと考えます。
お仕事をする上で大切にしていること
人財育成において、「役割と責任」ということを常に考えています。チャレンジ精神のある人には役割を与えます。その役割に対する責任感を一緒に育てていくことをモットーにしています。そして、その役割を担った部下のみの責任にするのではなく、常に自分には責任がないかという「自責」を問います。その上で、必ず1日の中で一人ひとりと振り返る時間を持ちます。私たちの仕事は、お客様が本当に必要とされている商品やサービスを見つけ、スピーディーにご提供できるかということが重要です。一人ひとりが日々経験することを待っていては時間が足りません。それぞれが経験したことを、どれだけ早く皆で共有できるかにかかっています。そういう意識の醸成を日々行っています。そして、褒めて人は育つという考え方も大切にしています。
将来の目標、夢
現在は業務に追われている感も正直あります。ですが、店長を経験したあとは、事業部を任せてもらえるくらいの信頼を得たいと考えています。そのためには、現在の新大阪店を優秀な店舗として認めてもらえるようにしたいと思います。会社に入り、人のために頑張れるかどうかということを社長から学びました。その根底には「感謝の精神」「寛恕の精神」があるかということです。また、すぐに他人の責任(他責)にするのではなく、自分の責任(自責)はないかということを考えるということも学びました。現在の私の人財育成の考え方の軸にもなっています。私が社長から学んだことをより多くの後輩たちへ伝えていきたいと思います。
1日のスケジュール

小西さんスケジュール

馬地さん

入社動機と現在の仕事
就職活動中に色々な会社の説明会に参加しました。その中で、一番仕事内容について詳しく聞けたのがダイヤアクセスでした。先輩社員の方からの説明がとても丁寧で、一緒に働く社員の人の良さや女性社員がたくさん活躍していることを知ることができました。面接では、経営層の方と約1時間くらいお話しをさせていただいたのですが、堅苦しい雰囲気が全くなく、私の話をじっくり聞いていただけました。ホームページで「人を大切にする会社」という印象を持っていましたが、それを会社説明会、面接で体験できることができたのが大きな決め手でした。現在、ドコモショップでアクセサリー担当を任せてもらっています。お客様が好みそうな商品をネットで探したり、自分でいいなと思った商品をお客様にご提案したりするお仕事です。実はこの担当は、自分から立候補してやらせてもらっています。前任の先輩の仕事ぶりを見て、ぜひ自分もやってみたいと思いチャレンジしました。
仕事でやりがいを感じる瞬間
一番のやりがいはお客様に合った商品を提供できた時です。ご来店いただくお客様には色々なご要望があります。と言っても、お客様は機種の詳細なところまではご存知ありません。そこはプロである私が、お客様のご要望に応える最善のアドバイスをすることが必要になります。お客様が何のために商品を必要とされているのかをじっくり聞いて、ご要望にお答えすることを心掛けています。その結果、お客様から「ありがとう!」ということ言葉をいただけた時、やりがいを感じます。これからも毎日笑顔で、お客様のご要望に対してたくさんの商品・サービスの中から最適なものをご提供したいと思います。
ダイヤアクセスってどんな会社?
ズバリ、「一人ひとりを大切にしている会社」です。入社当初は、「人を大切にする会社」だと感じていましたが、入社して「一人ひとり」を大切にしているということを実感しています。どんなに忙しくても定期的に上司がヒアリングの時間をとってくださり、今の業務について、そしてこれからのキャリアアップについても相談にのっていただけます。私がアクセサリー担当に立候補した時も、ただ任せるだけではなく、一緒に考えていこうと言っていただけました。また、一人ひとりに指導やアドバイスをする時も、上司が部下にただ単に怒るのではなく、まず上司が自分に責任が無かったかという考えのもとに叱ってくれます。このような日々の業務の中で、「一人ひとり」を本当に大切にしている会社だと感じます。
1日のスケジュール

馬地さんスケジュール


第一営業部
部長

ドコモショップ
新大阪店 店長

ドコモショップ
尼崎店 販売

第二営業部
部長

第二営業部
営業

第三営業部
部長

第四営業部
部長

人事部
部長代理

経理部
リーダー

このページのトップへ