教育制度
-CARRIER UP-
da-school
よくあるご質問
-FAQ-
よくあるご質問
DA PHOTO
-PHOTO-
DA PHOTO
  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 仕事紹介

仕事紹介

第二営業部 部長 高石鉄士

入社から現在までの仕事
私はダイヤアクセス一期入社になります。就職活動中のことです。すでに内定をもらっていましたが、ふと就職課の前を歩いていると「今年出来た会社。一期生募集。若手のチカラを求めています!」というキャッチコピーが目に飛び込んできました。その言葉に惹かれて応募することに決めました。友人からは「バイトのオープニング募集じゃないぞ!大丈夫か?」と笑われた事を今でも覚えています。面接でお会いした社長や役員の方の年齢からも、若い力を必要とされているのだろうと感じ、またその当時では新しい分野である携帯電話事業の成長性に惹かれて入社を決めました。
お仕事をする上で大切にしていること
入社当初より、幹部ではないが、責任と自覚を感じながら働こうと考え、いろいろな業務にチャレンジしてきました。最初はドコモショップ尼崎店に配属になりました。今思えば、ここで社会人としての基本を叩き込まれたように感じます。携帯電話の故障修理の担当を任されたり、副店長として法人営業担当にも取り組みました。また、今まで紙ベースで行っていた管理業務などにPCを導入することを提案し、これが全店に広がっていきました。その後、店舗での功績が認められ、本社の企画業務課に大抜擢されました。今までのように1店舗の業績に対する責任ではなく、全社を横断的に見て会社の業績を担うという重要な役割をいただき、一気にやりがいと責任がのしかかってきた覚えがあります。その後も営業企画課、経営企画室という新しい部署で、新しいことにチャレンジしてきました。そして現在、ダイヤアクセスの新しい事業の柱を創出するために、第四営業部で新規事業の立ち上げを行っています。新規事業の立ち上げにより収益源の開拓をするとともに、社員のキャリアパスの場としても重要な位置づけになる新規事業の成功を必ず成功に導きたいと考えています。
ダイヤアクセスという会社を一言で言うと?
現在私が担っている第四営業部の業務は、ダイヤアクセスにとっても世の中に数多く存在する携帯電話のキャリアショップ運営代理店にとっても大きな意味のある仕事だと自負しています。企業理念をベースにダイヤアクセスグループの将来を考え、経営方針、中期計画を達成するだけでなく、常に新しい事にチャレンジすることで、社員の将来への可能性を広げていきたい。また、成熟期にある携帯電話市場の中で、キャリアショップ運営代理店の老舗であり、キャリアショップ運営代理店のリーディングカンパニーのダイヤアクセスが新しい方向性を示していきたい。そんな夢を描きながら、日々業務に取り組んでいます。この夢を一緒に叶えてくれる仲間として、常にポジティブシンキングで行動力のある人財を求めています。失敗は成功の糧と考え、率先してチャレンジする人にはチーム全員で支援します。社員全員が得意分野を伸ばして、笑顔と本音があふれる職場にするために、今日も「ピンチはチャンス!」と捉え、前に進みます。
第二営業部部長の1日のスケジュール
第二営業部部長の1日のスケジュール

このページのトップへ