教育制度
-CARRIER UP-
da-school
よくあるご質問
-FAQ-
よくあるご質問
DA PHOTO
-PHOTO-
DA PHOTO
  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 仕事紹介

仕事紹介

吉鶴さん

入社動機と現在の仕事
就職活動中にダイヤアクセスの会社説明会に参加しました。会社説明会の時にも感じていたのですか、一次試験から最終面接までダイヤアクセスに興味を持っていた学生の私を「お客様」として“おもてなし”していただきました。その社風に感銘を受け入社を決めました。入社後すぐにドコモショップ尼崎店で勤務することになりました。店舗スタッフとして接客販売の経験を経て、1年後に法人営業担当となり、情報通信システムの知識や営業方法を学ぶために出向しました。その後本社へ戻り、情報通信事業に携わり、現在部長職として法人企業へ情報通信のハード・ソフトの両面からお役に立てることを目的に事業を展開しています。
お仕事をする上で大切にしていること
現在所属している情報通信事業も新規事業として立ち上げ3年が経過しました。事業としての「自立」を目標に掲げ、当社の主力事業である第1営業部(携帯・スマホ店舗事業)に近づきたいと考えています。そのためには、人財育成が急務になっており、特に重要だと考えております。実際の取り組みとしては、現場での実体験を主とし、考え方の面、テクニカルな面も繋がりを理解してもらえるように部分理解にならないよう主体性をもってもらえるように動機付けを意識して育成に取り組んでいます。
どんな人と一緒に働きたいですか?
いつまでにどうなりたいかという目標を明確に持ち、主体性を持って自立を目指している人と一緒に同じ目的を目指したいです。また、ルールを遵守し、何事にも誠実に取り組める人には、大きな期待と信頼が持てます。ダイヤアクセスという会社は、関わるすべての「ヒト」や「ヒトとの繋がり」を非常に大切にします。当然社内では、お節介なくらい「ヒト」に対しての関わりが高くなります。しかしそれは裏を返せば、関わるすべての「ヒト」の成長を願う表れだと私は感じています。これからも積極的に「ヒト」と関わっていきたいと思います。
1日のスケジュール

吉鶴さんスケジュール

濱本さん

入社動機と現在の仕事
ダイヤアクセスとの最初の出会いは、就職活動中の会社説明会でした。タブレットを用いて会社の説明をしていただいたのですが、その大半を事業内容の説明よりも会社の雰囲気やどんな人が働いているかという話に費やされていたことが強く印象に残っています。決め手になった最終面接でも経営層の方が社員のことを「うちの子」と呼んでおられたことで、本当にこの会社は社員のことを大切にしているのだなと感じました。複数会社から内定をいただいたのですが、事業の将来性と社員を大切にする会社の社風に惚れて入社を決めました。現在、法人企業に対し、ドコモのスマートフォンを利用してのグループウェアの提案やコスト削減の提案を行っています。経営者の方とお話できる機会が非常に多く、「もっと円滑に社員間のネットワークコミュニケーションを図りたい」「通信コストの見直しをしたい」という経営者ならではのご要望をいただきます。
仕事でやりがいを感じる瞬間
私が仕事のやりがいを感じる時は、お客様の悩みを改善でき、そしてその改善によってお客様に感謝された時です。経営者の方の悩みともなれば、その企業の業績に直接関わってくる悩みとなります。ご要望だけを解決するだけでは、業績向上に繋がるとは限りません。ヒアリングを重ねて、時にはお客様も認識されていない課題に対して改善案をご提案する場合もあります。それがお客様にもご理解いただけ、実際に導入いただき、業績向上やコスト削減に繋がた時、本当にやりがいを実感します。「お客様の立場に立って考える」ということが私のモットーですが、お客様からヒアリングした内容から想像を膨らませ、お客様の本当の悩みを考えるようにしています。時には、様々な情報を得るために社員の方にお話しを聞くこともあります。経験が浅い私としては、お客様の本当の悩みを想像するためには、情報収集が重要だと常に考えているのです。
成功談・失敗談のエピソード
成功談としては、入社半年で大きな案件のチャンスをいただいたことがありました。社内間通話を円滑にしたい。しかもコスト削減も併せてというお客様のご要望でした。お客様と何度も商談し、先輩にも何度もアドバイスをもらいながら話を進めました。最終的には、大幅なコスト削減よりも、社内間通話でコミュニケーションを図り、業務改善が進むということにご理解をいただき、私の提案を受け入れていただきました。失敗談としては、お客様のご要望が内容、コストも含め非常に困難だった時に、提案できる内容が見つからず時間が過ぎ、苦肉の策で出した提案が全くお客様に響かなかったというものです。大きな案件を成功させたという経験から、少し自信を持った私は、先輩にも相談せずに一人で抱え込んでしまっていました。結局、自分では答えが見つからず相談しましたが、時すでに遅しという状態だったのです。その時に「報連相」の重要性を嫌というほど知りました。
1日のスケジュール

濱本さんスケジュール


第一営業部
部長

ドコモショップ
新大阪店 店長

ドコモショップ
尼崎店 販売

第二営業部
部長

第二営業部
営業

第三営業部
部長

第四営業部
部長

人事部
部長代理

経理部
リーダー

このページのトップへ