教育制度
-CARRIER UP-
da-school
よくあるご質問
-FAQ-
よくあるご質問
DA PHOTO
-PHOTO-
DA PHOTO
  1. トップページ
  2. 採用活動
  3. 仕事紹介

仕事紹介

第三営業部 部長 矢野将範

入社から現在までの仕事
2000年に入社をしてから、様々な業務に携わってきました。入社後すぐにドコモショップに配属になり、そこで店長を経験し、法人営業グループリーダーを経て、エリア長やマネージャーを任せて頂きました。大きな転機は人事部への異動でした。店舗や営業での経験しかない中で、人事という新しい仕事は、私にとって難しくもありましたが、興味を持って取り組める仕事でした。その経験は、前任のドコモショップを統括する第1営業部の部長時代にも人財育成の面で非常に役立ちました。ショップ営業部長時代の仕事内容は、自分自身が全てを行うのではなく、自分が考えたことを各店舗の店長に「実践」してもらうということが難しかったです。大きな組織の部門長理は本当に苦労の絶えない日々でしたが、その分やりがいを持って取り組めました。そして、現在はドコモ商材を扱う法人営業部の部長として、新しい挑戦が始まっています。自分自身の仕事のキャパの広がりも実感しつつ、現在の仕事を楽しんでいます。
お仕事をする上で大切にしていること
私の仕事をする上でのモットーは、「仕事は楽しく」ということです。現在の仕事は新設された法人営業部の部門長として、社内外の信頼・信用を高めて、社会や会社に貢献すること。現在お付き合い頂いている企業様へのお役立ちを考えたり、データマーケティングを行い、設定した目標に対してどのように営業戦略を組み立てていくかをマネージャーや各営業担当と日々ディスカッションしています。まだ出来たばかりの部門ですので、難しいことだらけですが、それだけやりがいもあります。また、ドコモ商材を取り扱いますので、キャリアからの要望や期待を多く頂きます。営業戦略や顧客対応に関する様々な改善点は、お願いされたことをただ改善するだけではなくて、それ以上のダイヤアクセスのオリジナリティーを持ってお客様に対応していきたいと考えています。また、仕事を楽しくするためには働く環境が重要だとも考えます。それは、制度やマニュアルや便利なシステムを導入するだけでなく、そこで働く営業担当にやりがいを持たせる部門運営ができるかを部門長は問われており、これが管理者として最も重要な要素の一つだと感じています。
ダイヤアクセスという会社を一言で言うと?
一言で言うのは非常に難しいですね。「人を大切にする会社」「家庭的な会社」という表現もできますが、それがズバリの表現かというと少し違う気がします。なぜなら、人を大切にするという大切さにも捉え方が色々あるからです。そういう意味では、「大切にする=甘やかす」ということではなく、「厳しくする」という表現の方が近い感じがします。しかもその厳しさの中には、常に愛情があります。ダイヤアクセスには社員が進むべき方向を一つにできる企業理念があります。しかし、社員はその方向を敷かれたレールのように考えるのではなく、常に自分たちで考え、声を上げながら進んでいます。そういった意味では、「ビジネスを通じて成長しようとするプロ集団」という言葉が合うのかもしれません。
第三営業部部長の1日のスケジュール
矢野さんスケジュール

第三営業部 営業担当 濱本浩平

入社動機と現在の仕事
ダイヤアクセスとの最初の出会いは、就職活動中の会社説明会でした。タブレットを用いて会社の説明をしていただいたのですが、その大半を事業内容の説明よりも会社の雰囲気やどんな人が働いているかという話に費やされていたことが強く印象に残っています。決め手になった最終面接でも経営層の方が社員のことを「うちの子」と呼んでおられたことで、本当にこの会社は社員のことを大切にしているのだなと感じました。複数会社から内定をいただいたのですが、事業の将来性と社員を大切にする会社の社風に惚れて入社を決めました。現在、法人企業に対し、ドコモのスマートフォンを利用してのグループウェアの提案やコスト削減の提案を行っています。経営者の方とお話できる機会が非常に多く、「もっと円滑に社員間のネットワークコミュニケーションを図りたい」「通信コストの見直しをしたい」という経営者ならではのご要望をいただきます。
仕事でやりがいを感じる瞬間
私が仕事のやりがいを感じる時は、お客様の悩みを改善でき、そしてその改善によってお客様に感謝された時です。経営者の方の悩みともなれば、その企業の業績に直接関わってくる悩みとなります。ご要望だけを解決するだけでは、業績向上に繋がるとは限りません。ヒアリングを重ねて、時にはお客様も認識されていない課題に対して改善案をご提案する場合もあります。それがお客様にもご理解いただけ、実際に導入いただき、業績向上やコスト削減に繋がた時、本当にやりがいを実感します。「お客様の立場に立って考える」ということが私のモットーですが、お客様からヒアリングした内容から想像を膨らませ、お客様の本当の悩みを考えるようにしています。時には、様々な情報を得るために社員の方にお話しを聞くこともあります。経験が浅い私としては、お客様の本当の悩みを想像するためには、情報収集が重要だと常に考えているのです。
成功談・失敗談のエピソード
成功談としては、入社半年で大きな案件のチャンスをいただいたことがありました。社内間通話を円滑にしたい。しかもコスト削減も併せてというお客様のご要望でした。お客様と何度も商談し、先輩にも何度もアドバイスをもらいながら話を進めました。最終的には、大幅なコスト削減よりも、社内間通話でコミュニケーションを図り、業務改善が進むということにご理解をいただき、私の提案を受け入れていただきました。失敗談としては、お客様のご要望が内容、コストも含め非常に困難だった時に、提案できる内容が見つからず時間が過ぎ、苦肉の策で出した提案が全くお客様に響かなかったというものです。大きな案件を成功させたという経験から、少し自信を持った私は、先輩にも相談せずに一人で抱え込んでしまっていました。結局、自分では答えが見つからず相談しましたが、時すでに遅しという状態だったのです。その時に「報連相」の重要性を嫌というほど知りました。
第三営業部営業担当の1日のスケジュール
第三営業部営業担当の1日のスケジュール

このページのトップへ