EVALUATION

評価制度

客観性、透明性のある評価を実現。

ダイヤアクセスの評価制度では、客観性や透明性のある評価を実現するために、「人事考課」「人財考課」を取り入れています。

「人事考課」では、仕事の成果や組織への貢献を評価します。
「人財考課」では、目標を遂行するために求められる能力およびダイヤアクセス人としての姿勢・行動に対する評価をします。

これらの両面から賞与や昇格・降格・昇級・降級が決まります。
賞与については、各人の「人事考課」にウエイトをおき、変動幅をもたせることで、組織への貢献に対し報酬を支給する仕組みです。
一方、昇格・降格・昇級・降級は、各人の「人財考課」にウエイトをおき、ダイヤアクセスの求める人財像に近い社員が評価される仕組みです。
そうすることで、より適正で公正な評価(のメリハリ)を意識しています。
また、役職者には「役職考課」というマネジメント層として相応しい姿勢・行動ができているか評価します。

ダイヤアクセスの評価制度の一番の目的は、『人財育成』です。
上司と部下は、四半期ごとのヒアリングと半期に1度の考課面談を実施し、お互いにコミュニケーションを図り、上司は部下にフィードバックをする機会があります。

社員の勤続年数に関わらず、能力・成果に対し正当な評価を受け、キャリアのステップアップができるような環境を提供しています。